薬局の専門分野を理解して利用しましょう

薬局にはそれぞれのカラーがあるものです。

例えば大病院の傍にある場合は総合的に薬剤を取り扱いますが、小さなクリニックの傍にある場合はそのクリニックの診療科に対応した薬剤を揃えることになります。

その為近隣の病院やクリニックの診療科によるカラーが生まれるものです。

しかしその特長は今まであまり表には現れないものでした。

この薬局ではそのカラーを明確に打ち出すことで利用者に分かりやすく、また選択できるようにしています。

それぞれの特徴を利用者に把握してもらい、自分の病状や診療科に合った薬局を選んで相談することができます。

自分の病気に詳しい薬剤師を選んで薬剤の相談が出来る様になるので、症状により薬剤師を変えることも出来る様になります。

TOP