下肢静脈瘤の手術は日帰りで行うこともできます

下肢静脈瘤という病気を、見聞きしたことのある人も多いでしょう。

立ち仕事の人や女性に多く、すねなどの下肢の部分の血管が、膨らんだり盛り上がったりして、場合によっては脚がつる、あるいは炎症や湿疹といった症状が出ます。

長津田ファミリークリニックでは、この病気のレベルによって、それぞれ最適な治療方法を患者の方にお勧めしています。

中程度から重度の下肢静脈瘤の場合にお勧めなのは手術です。

手術といっても、血管の中にワイヤーを入れて、部分的に血管を取り除くものです。

かつては全身麻酔で行われていましたが、今は局所麻酔で日帰りで行うこともできますので、生活への影響はほとんどありません。

また、この手術を行うことにより、病気の再発がかなり抑えられるようになります。

TOP